格安スマホ&SIM@完全ガイド 主要15社のSIMカード・格安スマホの料金・キャンペーン、特徴を徹底比較


LinkIconSIMのよくある質問はこちら

電話・通話をたっぷり・品質重視で使いたい方はスマホ、ガラケーの2台持ちがお得です

SIMの利用で通話と通信を分けて料金を安く

ガラケー・スマホ2台持ち

通信料金の安さを求めつつ、電話も十分使いたいという方は2台持ちがおすすめです。もちろん後述するデメリットはありますが、メリットも大いにあります。特に通信料金の安さ、かつ、電話もたっぷり使いたいなら電話・通話専用のガラケー、データ通信専用のSIMを利用するスマホの2台持ちがベストでしょう。

電話もデータ通信もちゃんと使いたいという方はビジネスマンに使い勝手が良い方法だと思います。以下より、どういう保有の仕方、プランであればお得に使えるのか解説していきます。なお、目的や使い方次第では他の方法のほうがお得になるケースもあるのでご注意ください。

2台持ちは電話をたくさん使って、データ通信はほどほどに使いたい方が一番お得になります

ガラケーとスマホの2台持ちでお得になる考えられるケースは電話をガラケーで使って、データ通信をSIMを刺したスマホを使うという使い方です。

通話・電話料金について

SIMのデメリットとしてもあげていますが、通話料金が30秒20円と割高です。NTTドコモやAU、ソフトバンクでもパケ放題などのプラン、iPhoneを使うときにプランもそうですが、同じ料金設定で、電話はどうしても料金が高くなってしまいます。ガラケーならもっと安いのですがSIMは基本的にデータ通信を安く提供することが大きな目的となっていますので、電話・通話はかければかけるほど高くなってしまいます。データ通信を例え月額1,000円以下にしていても電話をちょこっとかけただけですぐに1,000円は超えます。30秒20円ですので、5分もかければ200円です。例えば、1日5分かけたとして30日だと6,000円となってしまいます。そうなると1,000円程度のSIMのプランでも月額7,000円。費用が相当かさんでしまうのもお分かりいただけると思います。

ですので、電話もたっぷり、それでも1日5分程度、または1日1回2,3分でも電話をかけるような方はSIMを使ったスマホでかけると無駄に料金を支払うことになりますので注意が必要です。

データ通信料金について

また、データ通信をたっぷり行いたい方はSIMではなくWiMAXのほうが割安となるので、通信の大容量を求めるならSIMではなくWiMAX2+のほうが良いでしょう。

ただ、少しだけでも通信できれば良いという方や、通信速度は気にしないという方はSIMで十分だと思います。そういった方は安いSIMを選べば良いでしょう。この場合は音声通話付きSIMにはせず単純なデータ通信専用のプランで1GBか3GB程度の通信容量が使える1,000円以下のプラン、または通信容量制限無し・速度制限無しだけど通信速度が遅いプランでも1,000円以下のものがあるのでそれらを選べば良いと思います。

ガラケー・スマホの2台持ちの最適なプランとは?

改めての確認ですが、ガラケー・スマホの2台持ちで料金が最安に使える方は下記のような方となります。

・1日数分以上の通話を行う方、電話をよく自分から掛ける方
・データ通信は行うけど安さを重視する方

上記を前提にすると、最適な持ち方は下記の通りです。

a0002_010565.jpgNTTドコモ、au、ソフトバンクなどの電話かけ放題プランを手持ちのガラケーで利用する(通話料金定額、月額2,700円程度)
または、ガラケーで使えるSIMを利用する(携帯電話SIM、無料通話分あり)



a0002_010574.jpg小容量・高速通信で利用できるデータ通信専用SIMを安さ重視で選ぶ(月額1,000円以下程度)
または、通信容量無制限・低速通信で利用できるデータ通信専用SIMを選ぶ(月額1,000円前後~)
※手持ちのスマホにSIMを挿入して利用します



上記のガラケーとSIMを使ったスマホを合計すると、


電話をたっぷり使いたい方におすすめは

電話かけ放題(基本料金2,700円程度)+データ通信専用SIM(小容量のプラン600円程度)=月額3,300円程度

の費用負担で利用可能となります。

ガラケーでも使えるSIMで無料通話分ありのプランなら

ガラケーSIM(無料通話分が少量なら1,350円程度)+データ通信専用SIM(小容量のプラン600円程度)=月額2,000円程度

の費用負担で利用可能となります。(ガラケーSIMは様々な条件がありますのでご注意ください)

ガラケー・スマホの2台持ちのデメリットとは?

2台持つという時点で結構面倒だったりかさばったりするのが最大のデメリットです。1台で済むならそれがベストですが、プランを端末毎にわけているので仕方ありません。

電話はガラケーで、通信はスマホで、という使い方になりますので使い勝手という点においても利便性は1台のときより下がります。また、料金の引き落としなども含めて契約そのものも1つずつ行わなければなりません。月々の料金も別の請求書となってきますので面倒といえば面倒です。

また、電話はほとんどかけなかったという時には割高になるケースもあります。特にかけ放題は各社だいたい2,700円前後なのである程度電話を使う人でないとかけ放題は支払う料金の割に無駄になることがあります。

日頃から電話を日常的に使っている方というのが2台持ちの前提となってきますので検討の際は注意してください。

まとめ

電話もそれなりに使って、データ通信もちゃんと使えて安さを重視するならガラケー・スマホの2台持ちがおすすめです。

それぞれの端末で得意なことを決めて安くプランを設定すれば電話かけ放題とSIMの組み合わせでも3,000円程度から使えるので、NTTドコモやau、ソフトバンクで普通にiPhoneやAndroidを使うプランよりも月々3,000円程度安くなる可能性もあります。

さらに、無料通話分があって全く電話しないというわけではないけど、いざというときはそれなりに使いたいという方はガラケーSIMを使って無料通話分を確保しておくのもお得な使い方です。ガラケーSIMの2台持ちの使い方なら月額2,000円台で利用できるケースもあります。

普段の使い勝手など利便性は少し失われますが得意なものは得意な端末で安く契約すればかなりお得です。電話・通話もデータ通信も、2つのともそこそこ使いたいという方は2台持ちが一番お得になります


SIMフリー端末ならどこでも使えるMVNO各社のSIMの最低利用期間については下記比較表に掲載していますのでご確認ください。
arrow_orange.gifデータ通信専用SIM一覧はこちら

arrow_orange.gif音声通話付きSIM一覧はこちら

arrow_orange.gif格安スマホ一覧はこちら



当サイトではSIMカード総合ランキングだけでなく、目的別に選ぶSIMでも個々の状況にあわせて一番重視したいポイントを踏まえて探せるようにしていますので、一度確認してみてください。

SIMカード・格安スマホの基礎知識 一覧

ページの先頭へ

格安SIMランキング 今月のNo.1は?格安SIMランキング 今月のNo.1は?

格安スマホランキング 今月のNo.1は?格安スマホランキング 今月のNo.1は?


格安SIMで当サイト申し込みNo.1の人気のビッグローブSIMが期間限定で割引特典の最大3ヶ月無料キャンペーン中!!
2016年7月31日まで限定

SIMカードおすすめランキング

毎月更新】最終更新日: 2017-10-17

データ専用SIMランキングNo.1

rank1_mini.gif   BIGLOBE SIM
ライトSプラン以上で最大3ヶ月間無料、最大で10,200円割引!!

音声通話付SIMランキングNo.1

rank1_mini.gif   DMM mobile SIM
音声通話付SIMの最安値プランならDMMがNo.1!!

格安スマホランキングNo.1

rank1_mini.gif   BIGLOBEスマホ&タブレット
SIMのプラン割引と事務手数料割引で最大13,200円割引!!

料金の安さ重視でSIMを探す

※月額費用が安い順ランキングです

月額1,000円以下 データ専用SIMをコスパ重視で選ぶ月額1,000円以下 データ専用SIMをコスパ重視で選ぶ
データSIMが月1,000円以下で使える

月額1,500円以下 音声通話付きSIMをコスパ重視で選ぶ月額1,500円以下 音声通話付きSIMをコスパ重視で選ぶ
音声通話SIMが月1,500円以下で使える

月額2,000円以下 端末代込みでも安い格安スマホ月額2,000円以下 端末代込みでも安い格安スマホ
格安スマホが月2,000円以下で使える


ニフティの格安スマホはキャッシュバックキャンペーン中!!
2016年6月30日まで

目的別に選ぶSIM・格安スマホ

LinkIconSIMカードの選び方ガイド

月額料金が安い・安さ重視

キャッシュバック金額が高いSIMから探す

スマホとセットの格安スマホから選ぶ

データ通信容量が無制限、速度制限無し

通信速度が速い・高速回線重視

SMSが利用可能

最低契約期間指定無しで利用可能

サポート重視で安心して使える


SIMカードの比較表から探す

データ通信専用SIMカード スペック・料金比較表データ通信専用SIMカード スペック・料金比較表

音声通話付きSIMカード スペック・料金比較表音声通話付きSIMカード スペック・料金比較表

スマホとセット 格安スマホ スペック・料金比較表スマホとセット 格安スマホ スペック・料金比較表

LinkIconSIMカードの一覧を見る

SIMを契約する前に読む基礎知識

SIMカードと格安スマホ、何が違う?

SIMカード購入から開通・利用開始までの流れを解説

SIMカードは3種類、手持ちのスマホで利用可能か確認しよう

料金の総費用を計算してお得なSIMを見つけよう

SIMカードは安いだけじゃないデメリットもある!

SIMのネットワーク(携帯回線)はSIM各社によって異なる

電話の通話料金を安くするには専用アプリがベスト

最低契約期間はプランによって異なるので注意

将来もSIMを使い続けるならSIMフリー端末がベスト

スマホ、ガラケーの2台持ちでお得に使う

SIMとドコモ、au、ソフトバンク、WiMAX、ワイモバイルをまるごと比較

海外でもお得に使えるSIMとは?

格安スマホ&SIMのよくある質問

格安スマホ&SIMの質問&回答一覧

公式ツイッターアカウント

LinkIcon格安スマホ&SIM@完全ガイド 公式twitterアカウント


トップページ