格安スマホ&SIM@完全ガイド 主要15社のSIMカード・格安スマホの料金・キャンペーン、特徴を徹底比較


LinkIconSIMのよくある質問はこちら

SIMカードは安いだけじゃない。安さの理由、デメリットもあるので注意しよう

SIMの料金が安い理由とSIMのデメリットとは?

SIMカードの最大の特徴は、かかる費用がとにかく安いことです。

安いからこそ今人気となって通信料金を節約できるSIMに乗り換えたりしているわけですが、安いのにもそれなりの理由があります。その理由をわかっていないと、実は使っていて不便に感じたりすることや、結局割高に感じることもあるでしょう。

SIMが安い理由とは

SIMの多くはドコモやKDDI(au)の回線を借りて通信サービスを提供しているMVNOという形で展開しています。つまり、原価がかかっているわけですね。それでもそういった設備を維持する必要はなく、圧倒的に割安に利用できているわけです。

ここから先は多少の推定がありますが、どれくらの回線容量を確保するかでボリュームディスカウントなどが発生し、さらに割安にドコモやauなどから回線を拝借することが可能になります。回線の通信容量は使い人がどれくらいいるかということと、その使う人ひとりひとりがどの程度の容量を確保しないといけないかということで変わってきます。

つまり、多くの人がSIMカードを使って通信できるように容量を確保しているわけですね。ですので、できるだけ多くの人に使ってもらうほうが良いわけですし、使ってもらう容量も多いほうがいいわけです。

ここである程度のシミュレーションをMVNOの各社が行って、例えば1GBあたりどれくらい収益が見込めるかを計算し、1GBあたり月額料金○○円という形で販売するわけですね。

これまで携帯電話会社の回線はその会社だけでしかサービスを展開していませんでしたので、余っているときもあったわけです。それを別の会社が買い取って使ってもらえればその分利益にになるわけなのでwin-winの関係なんですね。もちろん、SIMを使う利用者もドコモなどのキャリアとMVNOの会社、利用者とで全ての人がwin-winの関係になるようになっています。

では、安い理由は何かというと、以上をまとめると、ドコモやauなどから回線を安く借りて、少ない通信容量で多くの人に使ってもらうことで利用者側も相当安く利用できるということです。

しかし、通信容量を細切れに分割して展開しているので、料金を安くすればするほど通信容量はかなり少なくなります。ですので、実際には月間1GBの通信容量で数百円という価格がつけられているというわけです。

SIMカードのデメリットとは

通信容量の話にも関係しますが、安いだけではないデメリットとなりうる点もあるので注意が必要です。
以下にポイントをいくつかあげておきます。

・安ければ安いほど通信容量が少なくなる
・通信容量を増やすと割高となり、SIMよりもWiMAX2+やワイモバイルのほうがお得になる
・SIMを使えるスマホは使うSIMにより限られる
・音声通話付きSIMで通話はできるが通話料金が高く(30秒で20円)、無料通話などは無い

以上がデメリットです。

安いなりにそれはそれで良いですが、使う人によってはデメリットと感じることも多いです。
このようになりますので、 安さばかり追い求めていると通信容量はプランにより相当少なくなって、利便性が悪くなります。逆に通信用量を増やすと相当割高で本来の目的の節約という観点では疑問が残ります。また、SIMを使うにはスマホが必要でMVNO各社のSIM次第では使えないかもしれない事態に陥ることもあります

また、デメリットの最後にあげた通話料金は音声通話付きSIMでMNPなどして番号を替えずとも電話ができるようになりますが、どうしても料金は割高となってしまいます。通常のガラケーの携帯プランなどのように無料通話が設けられているわけでもありませんし、かけ放題のようなプランもないので電話は相当割高になってしまうのもデメリットの一つでしょう。

まとめ

ですので、そういったSIMのデメリット・特性をよく理解した上で検討するようにしてください。ただただ安いから、節約できそうだからといった理由でSIMカードを使おうと思っても今まで使っている使い方通りに使えないこともでてくるでしょう。

例えば、普段携帯電話でyoutubeやニコニコ動画をよくみいて、SIMで安いプランに乗り換えるとすぐに速度制限に引っかかって全然見られないということもありうるわけです。
SIMカードの選び方で解説していますが、使い方や目的にあわせてSIMカードを検討するようにしないと損することもでてきますので注意が必要です。


当サイトではSIMカード総合ランキングだけでなく、目的別に選ぶSIMでも個々の状況にあわせて一番重視したいポイントを踏まえて探せるようにしていますので、一度確認してみてください。

SIMカード・格安スマホの基礎知識 一覧

ページの先頭へ

格安SIMランキング 今月のNo.1は?格安SIMランキング 今月のNo.1は?

格安スマホランキング 今月のNo.1は?格安スマホランキング 今月のNo.1は?


格安SIMで当サイト申し込みNo.1の人気のビッグローブSIMが期間限定で割引特典の最大3ヶ月無料キャンペーン中!!
2016年7月31日まで限定

SIMカードおすすめランキング

毎月更新】最終更新日: 2017-10-17

データ専用SIMランキングNo.1

rank1_mini.gif   BIGLOBE SIM
ライトSプラン以上で最大3ヶ月間無料、最大で10,200円割引!!

音声通話付SIMランキングNo.1

rank1_mini.gif   DMM mobile SIM
音声通話付SIMの最安値プランならDMMがNo.1!!

格安スマホランキングNo.1

rank1_mini.gif   BIGLOBEスマホ&タブレット
SIMのプラン割引と事務手数料割引で最大13,200円割引!!

料金の安さ重視でSIMを探す

※月額費用が安い順ランキングです

月額1,000円以下 データ専用SIMをコスパ重視で選ぶ月額1,000円以下 データ専用SIMをコスパ重視で選ぶ
データSIMが月1,000円以下で使える

月額1,500円以下 音声通話付きSIMをコスパ重視で選ぶ月額1,500円以下 音声通話付きSIMをコスパ重視で選ぶ
音声通話SIMが月1,500円以下で使える

月額2,000円以下 端末代込みでも安い格安スマホ月額2,000円以下 端末代込みでも安い格安スマホ
格安スマホが月2,000円以下で使える


ニフティの格安スマホはキャッシュバックキャンペーン中!!
2016年6月30日まで

目的別に選ぶSIM・格安スマホ

LinkIconSIMカードの選び方ガイド

月額料金が安い・安さ重視

キャッシュバック金額が高いSIMから探す

スマホとセットの格安スマホから選ぶ

データ通信容量が無制限、速度制限無し

通信速度が速い・高速回線重視

SMSが利用可能

最低契約期間指定無しで利用可能

サポート重視で安心して使える


SIMカードの比較表から探す

データ通信専用SIMカード スペック・料金比較表データ通信専用SIMカード スペック・料金比較表

音声通話付きSIMカード スペック・料金比較表音声通話付きSIMカード スペック・料金比較表

スマホとセット 格安スマホ スペック・料金比較表スマホとセット 格安スマホ スペック・料金比較表

LinkIconSIMカードの一覧を見る

SIMを契約する前に読む基礎知識

SIMカードと格安スマホ、何が違う?

SIMカード購入から開通・利用開始までの流れを解説

SIMカードは3種類、手持ちのスマホで利用可能か確認しよう

料金の総費用を計算してお得なSIMを見つけよう

SIMカードは安いだけじゃないデメリットもある!

SIMのネットワーク(携帯回線)はSIM各社によって異なる

電話の通話料金を安くするには専用アプリがベスト

最低契約期間はプランによって異なるので注意

将来もSIMを使い続けるならSIMフリー端末がベスト

スマホ、ガラケーの2台持ちでお得に使う

SIMとドコモ、au、ソフトバンク、WiMAX、ワイモバイルをまるごと比較

海外でもお得に使えるSIMとは?

格安スマホ&SIMのよくある質問

格安スマホ&SIMの質問&回答一覧

公式ツイッターアカウント

LinkIcon格安スマホ&SIM@完全ガイド 公式twitterアカウント


トップページ